SNSトラブルを起こさない為にも注意したい事

投稿する前に

投稿と容認

投稿するということはそれが世に出ても良いと容認したことになります。
一度世に出回ったものは一見なくなったように見えても実はどこかに埋もれているだけで消えることは絶対にありません。

それこそ近年よく耳にするようになったリベンジポルノ、その時は良かれと思ったことでも後になってからそれが仇となってしまうこともあります。
発信先が不特定多数であれ、個人であれ自分以外の人間の手に渡った時点で拡散の可能性はゼロではなくなってしまうのです。

それ以外であってもプライベートな内容や写真の投稿も避けるべきでしょう。
投稿するのであれば拡散されることは覚悟しなければなりませんがトラブル防止の観点から言えばそもそも投稿すべきではありません。

周囲の目はいつも光っている

会社の愚痴や悪口も控えるべきと言っていいでしょう。
やはり不特定多数の人間が見れる以上、どこからその投稿が会社に伝わるかも分かりませんしモラル的にも問題があります。

また事実ではなく噂を無闇やたらに投稿するのもよくありません。
特にフレンドやフォロワーが多い人間がそのようなことを行ってしまうとすぐに拡散してしまい、それが何の関係のない人間を巻き込むことや風評被害に繋がってしまいます。
それだけでなく名誉棄損などによる損害賠償を請求される可能性もありますから注意したいですね。

冷静になって考えれば何がダメで何が良いかの判断はつくと思います。
投稿前に客観的な角度から見てそれが大丈夫か見極められさえすれば何ら問題ないです。